フケは、肌再生が正常に行われていないことが原因と思われます。

フケは、肌再生が正常に行われていないことが原因と思われます。

ターンオーバーとは古い肌が新しい肌に置き替わる循環過程です。

 

 

皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織という構造で、新しい皮膚は内側の基底膜で生成され、それが28日間で肌の角質に変わります。

 

肌の循環過程の周期が早くなると新しい皮膚が未熟な状態で肌表面の角質になってしまいます。

 

未熟ですからバリア機能が弱くなり乾燥に弱い刺激に弱い肌に変わってしまうのです。

 

逆に循環過程の周期が遅くなると肌に古くなった角質が残る期間が長いので、肌がくすんで見えたり、ごわつく原因となります。

 

よく聞かれるアトピーは、この循環過程の周期が早すぎて、新しい皮膚が未熟となり、かゆみなどの肌トラブルを起こします。

 

 

 

 

 

頭ににきびができてしまうのは、皮脂が余分に分泌されてしまうことやターンオーバーの異常などのため毛穴を皮脂や古い角質がふさぎ、毛穴にそれらが留まってしまうことで発症します。

 

ふさがってしまった毛穴の中で、通性嫌気性菌のアクネ菌が皮脂や古い角質を栄養として増殖し、その過程で毛穴が炎症を起こして、それがニキビという疾患になります。

 

頭皮のにきびが発症するメカニズムは顔と同じですが、頭皮の方が皮脂腺が密集している上にたくさん皮脂量があるので、アクネ菌が活性化しやすいためにきびができやすい条件となっています。

 

また、頭皮は髪に覆われていることから角質や皮脂など汚れが付きやすくかゆみや痛みを放置しておくと膿になったり、患部はさらに悪化する危険もあります。

 

 

 

 

 

頭皮に脂漏性皮膚炎がかさぶたができた際、療養のポイントは頭皮保湿と洗髪です。

 

頭皮湿疹の画像を見ると結構ひどい見た目でかゆみなしとは思えないですが、治し方の1つとして皮膚科の受信は外せないですね。

 

治らないときには、ストレスをなくすことや薬も必要です。

 

キチンとしているつもりでも頭皮を守る役目のある皮脂を取り過ぎていることが原因になることが多いです。

 

全身のうち頭皮は、皮脂腺と汗腺が非常にたくさんあり、常に分泌しています。

 

頭皮の皮脂腺については、最も多いです。

 

顔の中でも多いTゾーンの2倍以上です。

 

頭皮も皮膚としての構造は同じなので、頭皮のトラブルもまさに肌トラブルと同じと考えた方が良いでしょう。

 

つまり、シャンプー剤は顔にも使えること、皮脂を摂り過ぎないようにしましょう。

 

子供であっても痛い、かゆいというなら将来の抜け毛も心配せざるを得ないでしょう。

 

 

 

 

 

痛いとかかゆいとか頭皮湿疹にしないためにシャンプーは、頭皮の汚れを落とそうと爪を立てるのは避けましょう。

 

それは、かゆみなしという子供でも同じです。

 

正しい手順は、最初に髪をとかしてほこりなどを取ります。

 

次に温めのお湯に髪全体を付けます。

 

温めの温度は、38度前後です。

 

頭皮に刺激が強すぎてはいけません。

 

シャンプーを手に適量を取って十分に泡立てます。

 

その泡を頭全体に馴染ませて両手の指の腹で頭皮を優しくまんべんなく洗いましょう。

 

泡を流すときは、泡を完全に取りきるようにしっかりを流します。

 

乾かすときは、乾いたタオルで大方の水分を取った後、頭からドライヤーを離し、熱風が髪に直接あたらないようにしましょう。

 

こういうことで、頭皮の湿疹の原因にないようにしましょう。

 

当然、抜け毛の予防にもなります。

 

洗髪前にブラッシングするとき、頭皮かさぶたのフケが出るかどうかがポイントです。

 

皮膚科ではなく市販薬での治し方もありますが、油断せず患部の画像も見てください。

 

それが油断した結果かもしれません。

 

ストレスが原因の時は少々厄介ですので、一度、そういった振り返りをしてみませんか?

 

 

 

 

 

page top