フケは、ターンオーバーの周期が乱れることが原因と思われます。

フケは、ターンオーバーの周期が乱れることが原因と思われます。

ターンオーバーとは皮膚が生まれ変わる循環のことです。

 

 

表皮、真皮、皮下組織で皮膚といい、新しい皮膚は内側の基底膜で生成され、それが28日間で肌の角質に変わります。

 

肌の循環過程の周期が早くなると基底膜で生成された新しい皮膚が未熟なまま新しい角質になります。

 

未熟のため外部の刺激に耐える力が小さくなり乾燥に弱い敏感な肌になってしまうのです。

 

逆に循環の周期が長くなってしまうと肌に古くなった角質が残る期間が長いので、くすんだ肌に見えたり、ごわつく原因となります。

 

よく聞かれるアトピーは、この循環の周期が短すぎて、新しい皮膚が未熟となり、かゆみなどの肌トラブルを起こします。

 

 

 

 

 

頭にできるニキビは、皮脂が頭皮の毛穴に詰まることが原因で起こる炎症ですから皮膚のターンオーバーを正常に戻すことが大切です。

 

同時に外からの刺激に耐えられる健康な皮膚にすることが重要です。

 

そのために意識すべきことは、次の通りです。

 

ストレス軽減、インスタント食品など脂質過多にしない、たばこの本数を減らす、飲酒量を減らす、しっかり眠る、頭皮を清潔にする、頭皮にきび予防のシャンプーを使う。

 

以上です。

 

まとめていうと規則正しい生活の上、頭皮に余計な刺激をしないことがとても大切ということです。

 

 

 

 

 

湿疹が頭皮にできたときは、その原因を明確にするのが大切です。

 

接触性皮膚炎なら原因になる物質を避けなければなりません。

 

頭皮湿疹の画像を見るとなかなか直視できないです。

 

シャンプー、整髪料、カラーリング剤などを疑ってみましょう。

 

皮脂欠乏性皮膚炎ならシャンプーのし過ぎで頭皮の最低限必要な皮脂さえもなくしている場合があり、清潔さを維持しながらも頭を洗う頻度を減らすと良いでしょう。

 

また、ストレスのため免疫力が弱くなり、皮膚が刺激を受けやすくなり、湿疹や痒みを引き起こすことがあります。

 

原因に見当がつかなく、治し方がわからないならば、専門の医療機関を受診して医師のアドバイスをもらいましょう。

 

そうしないと家にある市販薬ではいつまでも治らず、かゆみなしの状態にはなりません。

 

子供もたまに痛いかゆいと言うときがありますが、抜け毛の心配も必要ですか?

 

 

 

 

 

頭皮が赤いときの対策は、シャンプー剤とシャンプーのやり方を見直します。

 

頭皮は炎症を起こしているので、刺激の強い硫酸系の成分を含有した商品は避けるべきです。

 

頭皮の皮脂を完全に取り除くほどの力はないくらいが丁度良いので、汚れはある程度摂れれば良いと割り切ってアミノ酸系シャンプーの選択を検討します。

 

ただし、肌に優しいアミノ酸系シャンプーといいますが、使う人との相性が悪いことはないとは言えないので、その点に注意してシャンプー商品を選びましょう。

 

それと洗髪のやり方も再チェックしましょう。

 

指の腹でマッサージする様な洗い方がベターです。

 

しっかりシャンプーの泡を作って泡で髪と頭皮を洗うつもりでやりましょう。

 

洗った後は、しっかりすすぎます。

 

ドライヤーの熱風をあて過ぎずに(あて過ぎると焦げた匂いがしますね)生乾きにならないように乾かします。

 

 

 

 

 

page top