フケは、ターンオーバーの周期が乱れることが原因と考えられます。

フケは、ターンオーバーの周期が乱れることが原因と考えられます。

肌の再生とは皮膚が生まれ変わる循環のことです。

 

 

皮膚は、外側から表皮、真皮、皮下組織という構造で、新しい皮膚は内側の基底膜で生成され、それが28日間で肌の角質に変わります。

 

この肌の循環の周期が短くなると新しい皮膚が未熟な状態で新しい角質になります。

 

未熟ですからバリア機能が弱くなり乾燥に弱い敏感な肌になってしまうのです。

 

逆に循環の周期が長くなってしまうと肌に古くなった角質が残る期間が長いので、肌がくすんで見えたり、ごわつく原因となります。

 

よく聞かれるアトピーは、この循環過程の周期が早すぎて、新しい皮膚が未熟となり、かゆみなどの肌トラブルを起こします。

 

 

 

 

 

頭皮にニキビができる原因は、皮脂が余分に分泌されてしまうことや肌再生に支障が起きてしまうなどで古い角質や皮脂が毛穴をふさいで、それらが毛穴に残ってしまって起きます。

 

蓋をされた状態の毛穴では、常駐している菌(アクネ菌)が古い角質や皮脂を餌として増殖し、それにより毛穴を中心に炎症となって、それがニキビという疾患になります。

 

頭ににきびができる過程は顔と同じですが、頭の方が皮脂腺が集まっていて皮脂量も多いので、活発なアクネ菌のためにきびができやすい条件となっています。

 

また、頭皮は髪に覆われていることから皮脂や角質などの汚れがたまりやすくかゆみや痛みを放置しておくと膿になったり、もっと悪化する場合もあります。

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎と診断された場合、病院からの薬を塗ったり飲んだりすると思いますが、それ以外に本人ができることは、頭皮の清潔さを保つことです。

 

そのための心がけとして、髪の汚れや余分な皮脂を洗い流し、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。

 

髪を濡らす前にブラッシングをして、そして温めのシャワーでしっかり濡らします。

 

これにより小さい埃や皮脂はだいぶ落とせます。

 

次に刺激の少ないシャンプーを手のひらで泡立たせて指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけると厄介ですので、ゴシゴシや爪を立てることはやめましょう。

 

泡はお湯を惜しまず使ってきちんと洗い流します。

 

洗髪が終わったら頭皮も髪もヘアドライヤーで、完全に乾かします。

 

ヘアドライヤーは、風量よりも髪にあたる温度に注意しましょう。

 

 

 

 

 

頭皮の赤みの原因として考えられるのは、最初に疑うのはシャンプーです。

 

シャンプーと言えば、汚れを洗い流す力を必要としていますが、洗浄力の高いシャンプーはほとんどの商品で○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

硫酸系の成分は、高い洗浄力を誇りますが、必要以上に頭皮の油分も水分も取り除いてしまい、頭皮には大きな弊害を引き起こします。

 

そのようなシャンプーは継続して利用すると頭皮の免疫力が落ちて炎症を引き起こし、頭皮が赤くなります。

 

硫酸系の成分を含まないアミノ酸系シャンプーでも問題がないこともないです。

 

アミノ酸系の成分にも様々なタイプがあって、頭皮との相性に影響します。

 

頭皮が赤い人は、シャンプー選びに注意して利用しましょう。

 

自分に合うシャンプー剤を選べたら洗髪の方法にも注意します。

 

ガリガリと力を入れたり、爪を立てて洗ったりなど、頭皮に力づくで容赦のない洗い方はしない方が無難です。

 

それに頭皮に直接シャンプーを付けたり、シャンプー後のすすぎが不十分でシャンプー剤も汚れも残してしまうと頭皮に炎症ができてしまう原因にになってしまいます。

 

 

 

 

 

page top