ニキビやできものが頭皮にできた場合、最初に試す価値があるのは、

ニキビやできものが頭皮にできた場合、最初に試す価値があるのは、

現在使っているシャンプーを低刺激シャンプーに変えることです。

 

 

できものができてしまった頭皮から刺激物などの負担を極力なくす必要があります。

 

シャンプー剤が頭皮への負担の原因になっているかどうか確認するため、低刺激シャンプーに変え、回数を減らします。

 

具体的には一日に2回シャンプーをしていれば、1日おきなどにします。

 

低刺激シャンプーに変え、洗髪回数を減らしても改善しないようならば、接触性皮膚炎を疑います。

 

なお、低刺激のシャンプーといえば、硫酸とかスルホン酸などの成分が含まれていないシャンプーです。

 

強い洗浄成分が含まれていませんが、汚れが落としながらも頭皮への刺激は少なくて済みます。

 

__『かゆみ虫刺されにムヒ』でお馴染みの池田模範堂が、20〜60代の男女10000人にアンケートを取った際の結果のお話しです。

 

頭がかゆいという経験者は半数以上でした。

 

そのうち季節などに関係なくかゆみを感じる人は4割ほどいて、半分以上の人が痒ければ掻くという考えのようでした。

 

やっぱり痒いときは、半数以上の人が掻いてしまうのですね。

 

ただし、掻いたときは少しでも気持ちがいいかもしれませんが、同時に皮膚に傷をつけてしまうリスクもあり、その点には注意が必要です。

 

 

 

 

 

頭皮のできもの対策は、ヘアケア方法を見直す必要もあります。

 

最初、洗髪をする前にブラッシングです。

 

次にぬるま湯でよくすすぎます。

 

そしてシャンプー剤は、掌でしっかりと泡立て、泡の力で頭皮の汚れを落すというイメージです。

 

できものがある個所は、なおさら泡で洗うよう徹底してください。

 

それ以外の個所は、指の腹で優しくマッサージをするのは良いでしょう。

 

タオルドライは、髪の毛を押さえるように水分を吸い取るようにしましょう。

 

その後に必ずドライヤーを使って髪の毛と頭皮をしっかり乾かします。

 

半乾きにしておくと、常在菌が増える原因になり、できものができやすい状態ですので、しっかりと乾かします。

 

トリートメントやスタイリング剤は、付け過ぎ厳禁です。

 

できるだけできもの箇所には付かないことに越したことはありません。

 

 

 

 

 

頭皮にブツブツと湿疹ができることが特に痛くないと特に痛くないと病気としてとらえない人は、なかなか皮膚科に行こうとしない。

 

そもそも頭皮のブツブツは、空気の乾燥、皮脂の洗いすぎ、皮脂の洗い残し、汗によるかぶれなどいろいろなことが原因になって起こります。

 

頭皮が痒かったり、フケが落ちたりするのは、頭皮の常在菌が皮脂を分解して、排せつ物が頭皮を刺激し、炎症を起こすことです。

 

頭皮に湿疹(ブツブツ)ができたときは、市販薬でも病院で処方される薬でもいずれにしても薬を使った方が短期間で完治できます。

 

治らないことは、ほぼありません。

 

ただ大きいブツブツが治らないは、重篤な病気も疑いましょう。

 

 

 

 

 

「できもの」が頭皮にできた際、最も重要なのは、触れないということです。

 

白いかさぶたも同様とお考え下さい。

 

頭皮にある「できもの」は気になって、つい触ってしまいがちです。

 

頭皮にできた場合は、まず直接見ることはできません。

 

そのため指先を使って確認せざるを得なくなります。

 

しかし、くどいようですが、「できもの」は頭皮に限らず、指で触ってはいけません。

 

なぜなら多くの雑菌が指先に常在しているからです。

 

指先はもちろん健康な肌であれば、雑菌が多いと言っても心配する必要はありません。

 

でも、できものができている部分に雑菌が付くとそのせいで状態が症状が悪化する可能性が高くなります。

 

ですから血や汁が出ていてもいなくても触らないことが最低限必要なこととなります。

 

 

 

 

 

page top