もし、痒みの原因が脂漏性皮膚炎と診断された場合、処方薬を塗る飲む以外に本人ができることは、

もし、痒みの原因が脂漏性皮膚炎と診断された場合、処方薬を塗る飲む以外に本人ができることは、

頭皮の清潔さを保つことです。

 

 

そのための心がけとして、汚れや皮脂をきちんと洗って取り除き、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。

 

髪を濡らす前にブラッシングをして、一度、温めでたっぷりのお湯で流しましょう。

 

これをすることで、目に見えない皮脂や埃をだいぶ落とせます。

 

次に刺激の少ないシャンプーを手のひらで泡立たせて指の腹で頭皮を揉むように洗います。

 

頭皮に傷をつけると厄介ですので、爪を立てたり、ガシガシ洗うのは厳禁です。

 

最後に泡は、十分なお湯を使ってきちんと洗い流します。

 

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

 

その際、熱風をあて過ぎないようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹が赤いかゆいだけでは深刻な病気と思っていない人は、なかなか皮膚科に行こうとしない。

 

そもそも頭皮のブツブツは、汗によるかぶれ、皮脂の洗い残し、皮脂の洗いすぎ、空気の乾燥などいろいろなことが原因になって起こります。

 

フケや痒みについては、人の肌に常在するマラセチア菌が頭皮の皮脂を食べてその代謝産物が頭皮に刺激を与えて、炎症を起こすことです。

 

頭皮にブツブツの湿疹ができたときは、市販薬でも処方薬でも薬で対処する方が短期間で完治できます。

 

治らないということはまずありません。

 

ただ大きいブツブツが治らないは、重篤な病気も疑いましょう。

 

 

 

 

 

頭皮のできものの対処法として最も重要なのは、触れないということです。

 

白いかさぶたも同様とお考え下さい。

 

できものがあると、とくにいぼなどは気になって、つい触ってしまいがちです。

 

頭皮にできた「できもの」は、簡単に見えないことが多くしっかりと観察できないから指先の感触で確認せざるを得なくなります。

 

ただし、繰り返しになりますが、頭皮のできものはくれぐれも指で触らないようにしましょう。

 

なぜなら多くの雑菌が指先に常在しているからです。

 

指先や「できもの」のない肌の場合は、雑菌が多いと言っても心配する必要はありません。

 

でも患部に雑菌が付くとそれにより症状が悪化する可能性が高くなります。

 

ですので、イボも含めて「できもの」には触らないことが最低限必要なこととなります。

 

 

 

 

 

肌にできるニキビと頭皮にできるニキビは、どのように違いがあるかご存知ですか?

 

かゆい思いをするのが同じでもにきび原因や治し方など治らないと悩みがある人には、気になるかもしれません。

 

知らない人が多いと思われるのは、顔のにきび、そして頭にできるニキビは、症状は同じです。

 

顔面と頭皮、どちらも原因は余分な皮脂が毛穴で詰まったせいです。

 

顔面でも頭皮でも肌のケアが悪いと赤く吹き出ます。

 

頭の場合、毛穴がたくさんあって皮脂の分泌が活発です。

 

また、顔よりも長い髪にしている人が多く、顔面のにきびほど気づきにくいので、十分なケアになっていないことが多いです。

 

そういったことで、頭にできるニキビは治らないという印象が強いかもしれません。

 

 

 

 

 

page top