ご参考までに痒みのメカニズムのお話しです。

ご参考までに痒みのメカニズムのお話しです。

まず、痒みのもとは「ヒスタミン」で、通常時は非活性ですが、ケガなど外部から刺激があると活性化します。

 

 

炎症も活性化のきっかけで、その肌の中ではヒスタミンなどを含む「マスト細胞」というものが集合している「炎症細胞」という細胞があります。

 

マスト細胞がヒスタミンを放出して、炎症を悪化させる物質は炎症細胞が生み出しています。

 

それらがかゆみを感じる神経を刺激するため人はかゆみを感じます。

 

ということで、炎症が治らないと痒みは続くということです。

 

 

 

 

 

かゆみ止め薬ムヒのメーカーが20〜60代の男女10000人に行ったアンケートによると頭がかゆいという経験者は半数以上でした。

 

そのうち季節などに関係なくかゆみを感じる人は4割ほどいて、半分以上の人が痒ければ掻くという考えのようでした。

 

痒いときに掻くのは自然の欲求とも思えますが、ただ、掻くという行為は同時に皮膚に傷をつけてしまうリスクもあり、その点には注意が必要です。

 

 

 

 

 

頭皮への気遣いは、保湿と洗髪がポイントです。

 

シャンプーは、頭皮の脂を取ることに集中しているかもしれませんが、頭皮も顔と同じくべたつきも乾燥もします。

 

痒みが出るときもあるので、無意識に掻いては治まりを繰り返すことで、頭皮が固くなってしまうこともあります。

 

酷くなるとネットで見かけるような画像のように症状が進行します。

 

頭皮にかさぶたや湿疹がある場合、治し方として市販薬を使うこともありますが、かゆみなしかどうかによっても違います。

 

原因の1つはストレスということも考えられます。

 

皮膚科の受診も検討した方が良さそうです。

 

例えば、後頭部の炎症が治らないときは、枕と炎症部分が擦れることで、治りにくいということがあります。

 

常に枕のカバーは清潔さを持続して、肌に刺激が少ないシャンプーを使いましょう。

 

案外見過ごせないのは子供の抜け毛です。

 

かゆい、痛い等と症状があればケアしましょう。

 

 

 

 

 

「できもの」が頭皮にできた際、一番良いことは、その「できもの」を触らないということです。

 

白いかさぶたも同様とお考え下さい。

 

頭皮にある「できもの」はどうしても気になってしまい、触りたくなってしまいます。

 

頭皮にできた場合は、まず直接見ることはできません。

 

そのため指先の感触で確認せざるを得なくなります。

 

ただし、繰り返しになりますが、頭皮のできものはくれぐれも指で触らないようにしましょう。

 

どうしてかといえば、指先には多くの雑菌が常在しているからです。

 

指先や「できもの」のない肌の場合は、雑菌が多いと言っても心配する必要はありません。

 

でも、できものができている部分に雑菌が付くとそのせいで状態が症状が悪化する可能性が高くなります。

 

ですから血や汁が出ていてもいなくても触らないことが最低限必要なこととなります。

 

 

 

 

 

page top