かゆい・痛い頭皮湿疹を防ぐ洗髪は、頭皮の汚れを落とそうとゴシゴシ洗うのは避けましょう。

かゆい・痛い頭皮湿疹を防ぐ洗髪は、頭皮の汚れを落とそうとゴシゴシ洗うのは避けましょう。

(かゆみなしの子供も同じ)正しい手順は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。

 

 

次に温めのお湯に髪全体を付けます。

 

温めのお湯とは、38℃くらいでしょうか。

 

頭皮がピリピリしてはいけません。

 

シャンプー剤は、適量手のひらにのせ十分に泡立てます。

 

泡は、頭のてっぺんから両側、後頭部につけて両手の指の腹で頭皮を優しく洗いましょう。

 

すすぎは、シャンプー剤を一切残さないようにじっくり2分程度流します。

 

濡れた髪は、タオルドライの後、ドライヤーの熱風が髪に直接あたらないようにしましょう。

 

こういうことで、頭皮の湿疹の原因にならないようにします。

 

もちろん抜け毛防止にもつながります。

 

シャンプー前のブラッシングでは、頭皮かさぶたのフケが出るかどうかがポイントです。

 

皮膚科ではなく市販薬での治し方にしたいと思った場合、軽く考えずにネットか何かで症状の画像も見てみましょう。

 

それが油断した結果かもしれません。

 

ストレスが原因の時は少々厄介ですので、ご自身の気持ちの状態などを見直してみましょう。

 

 

 

 

 

頭皮が赤いときの対策は、シャンプー剤とシャンプーのやり方を見直します。

 

赤い部分は炎症なので、刺激の強い硫酸系の成分を含有した商品は避けるべきです。

 

全ての皮脂をすべて剥がしてしまうほど強い洗浄力はなくても構わないので、汚れはある程度摂れれば良いと割り切ってアミノ酸系シャンプーの選択を検討します。

 

注意点としては、アミノ酸系は確かに刺激は弱いのですが、使う人との相性が悪いことはないとは言い切れません。

 

その点に注意してシャンプー剤を選びましょう。

 

また、シャンプーのやり方についても再チェックしましょう。

 

指の腹でマッサージする様な洗い方がベターです。

 

シャンプー剤で泡をしっかり作り、頭皮も髪もその泡で洗うつもりでやってください。

 

その後はしっかりすすいで、最後に、トライヤーと髪は15p以上離して生乾きにならないように乾かします。

 

 

 

 

 

頭皮に赤い部分があるときの原因として考えられるのは、最初に疑うのはシャンプーです。

 

シャンプーは、汚れを洗い流す力を必要としていますが、洗う力が強いと言われる商品にはほとんどの場合、○○硫酸の言う名前の成分が含まれています。

 

硫酸系の成分は、高い洗浄力を誇りますが、必要以上に頭皮の油分も水分も洗い流してしまって、頭皮環境にダメージを引き起こします。

 

そういったシャンプーを毎回使うことで頭皮は外部の刺激に耐える力が弱まり、炎症を引き起こし、赤い部分が生まれます。

 

一方、頭皮に優しいと言われるアミノ酸系のシャンプーでさえ、問題がないこともないです。

 

その洗浄成分にはいろいろ性質が違うので、皮膚と相性の良し悪しがあります。

 

口コミなどを参考にシャンプーをしっかり見極めて利用しましょう。

 

自分に合うシャンプー剤を選べたら次はシャンプーのやり方です。

 

ゴシゴシと乱暴に洗ったり、爪を立てたり、過度な力と刺激を頭皮に与えるやり方は、しない方が無難です。

 

それに頭皮に直接シャンプーを付けたり、すすぎが中途半端でシャンプー剤も汚れも洗い残すと頭皮に炎症ができてしまう原因にになってしまいます。

 

 

 

 

 

頭皮湿疹や頭皮のかゆみを防ぐことは、薄毛の対策につながります。

 

頭皮のかゆみは、頭皮に何らかのトラブルがあると(症例は画像検索して参照してください)思われるので、そのトラブルをそのままにしておけばもっとひどくなり、抜け毛が目立ち始めると薄毛になるケースがあります。

 

子供でも同様に治し方を間違えると痛い・かゆいが治らないこともありました。

 

ただし、痒みのケース全てが薄毛になるというわけではありませんが、かさぶたからのフケがある痒みの原因として頭皮の乾燥や余分な皮脂、ストレスの姓で自律神経が乱れること刺激が強すぎるシャンプー剤などが考えられ、結果的に薄毛を引き起こすこともあるので、注意しましょう。

 

市販薬を使ってかゆみなし状態になっても痒みを軽く考えず、様子を見て皮膚科を受診しましょう。

 

 

 

 

 

page top