かゆい・痛い頭皮湿疹を防ぐシャンプーは、頭皮の脂を取り除こうと爪を立てるのは禁物です。

かゆい・痛い頭皮湿疹を防ぐシャンプーは、頭皮の脂を取り除こうと爪を立てるのは禁物です。

(かゆみなしの子供も同じ)基本は、髪を濡らす前にブラッシングでゴミなどを取り除きます。

 

 

そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。

 

温めの温度は、38℃くらいでしょうか。

 

頭皮がピリピリしてはいけません。

 

シャンプーを適量手のひらにのせよく泡をたたせます。

 

その泡を頭全体に馴染ませて両手の指の腹で頭皮を優しくまんべんなく洗いましょう。

 

すすぎは、シャンプー剤を一切残さないようにしっかりを流します。

 

乾かすときは、乾いたタオルで大方の水分を取った後、頭からドライヤーを離し、熱風が髪に直接あたらないようにしましょう。

 

これにより頭皮の湿疹の原因にならないようにします。

 

もちろん抜け毛防止にもつながります。

 

洗髪前にブラッシングするとき、その時、かさぶたが落ちないかチェックします。

 

皮膚科に行かなくても市販薬での治し方もありますが、油断せず患部の画像も見てください。

 

それが油断した結果かもしれません。

 

ストレスが原因の時は少々厄介ですので、ご自身の気持ちの状態などを見直してみましょう。

 

 

 

 

 

頭皮の血行が悪く赤くなるのは、炎症も併発している可能性があり、具合によっては当人と言えど素人では早く完全に治すのは難しいかもしれません。

 

もちろん、素人ではその判断を正しくできるとは言えないので、面倒も医療機関に出向いて診察または治療を受けることを考えた方が良いでしょう。

 

頭皮が赤い、フケ、かゆい、痛いなどの主な症例としては、アトピー性皮膚炎、乾皮症皮脂欠乏症湿疹、脂漏性皮膚炎、接触性皮膚炎などがあります。

 

いくら当人と言えど、素人があいまいな判断するよりも明確な根拠で正しい治療ができるようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭皮の痒みが、脂漏性皮膚炎と診断された場合、処方薬を塗る飲む以外にご自身ができるのは、頭皮の清潔さを保つことです。

 

清潔にするためには、髪の汚れや余分な皮脂を洗い流し、洗髪の後はすぐに頭皮まで乾かします。

 

髪を濡らす前にブラッシングをして、一度、温めでたっぷりのお湯で流しましょう。

 

これにより小さい埃や皮脂は結構洗い流せます。

 

シャンプーは洗浄力の弱いものを使い、よく泡立て頭皮を指の腹でマッサージするように洗います。

 

頭皮に傷をつけると厄介ですので、ゴシゴシや爪を立てることはやめましょう。

 

最後に泡は、十分なお湯を使ってきちんと洗い流します。

 

濡れた髪はドライヤーで、頭皮から乾かします。

 

その際、熱風をあて過ぎないようにしましょう。

 

 

 

 

 

知って損はない痒みのメカニズムのお話しです。

 

かゆみを感じる神経を刺激するのは、ヒスタミンという物質です。

 

通常時は非活性ですが、肌が傷がつくなどをきっかけに動き出す物質です。

 

炎症も活性化のきっかけで、その肌の中ではヒスタミンなどを含む「マスト細胞」というものが集合している「炎症細胞」という細胞があります。

 

マスト細胞がヒスタミンを放出して、炎症細胞は炎症を悪化させる物質を生み出しています。

 

それらがかゆみを感じる神経を刺激するため「かゆい」という感覚が生まれます。

 

ということで、炎症が治らないと痒みは繰り返されるというメカニズムです。

 

 

 

 

 

page top