かゆい・痛い頭皮湿疹を防ぐシャンプーは、頭皮の汚れを落とそうとゴシゴシ洗うのは避けましょう。

かゆい・痛い頭皮湿疹を防ぐシャンプーは、頭皮の汚れを落とそうとゴシゴシ洗うのは避けましょう。

それは、かゆみなしという子供でも同じです。

 

 

基本は、最初に髪をとかしてほこりなどを取ります。

 

そして髪すべてをぬるいお湯で濡らします。

 

温めの温度は、38℃くらいでしょうか。

 

頭皮がピリピリしてはいけません。

 

シャンプー剤は、適量手のひらにのせよく泡をたたせます。

 

その泡を頭全体に馴染ませて両手の指の腹で頭皮を優しくまんべんなく洗いましょう。

 

すすぎは、泡を完全に取りきるようにしっかりを流します。

 

濡れた髪は、乾いたタオルで大方の水分を取った後、頭からドライヤーを離し、熱風が髪に直接あたらないようにしましょう。

 

こういうことで、頭皮の湿疹が治らないということがならないようにします。

 

もちろん抜け毛防止にもつながります。

 

シャンプー前のブラッシングでは、その時、かさぶたが落ちないかチェックします。

 

皮膚科に行かなくても市販薬での治し方もありますが、油断せず患部の画像も見てください。

 

それが軽く考えた末路かもしれません。

 

原因にはストレスも考えられるので、ご自身の気持ちの状態などを見直してみましょう。

 

 

 

 

 

赤いブツブツと強い痒みがあるなら国立感染症研究所によると疥癬(かいせん)というヒゼンダニが原因の病気かもしれません。

 

ヒゼンダニの脱皮殻や排せつ物にアレルギー反応を起こし痒みを覚えます。

 

ヒゼンダニは人から人に感染するので、赤ちゃんでも頭や顔の湿疹ができます。

 

通常疥癬(つうじょうかいせん)よりもノルウェー疥癬とも呼ばれる角化型疥癬の方が、感染力が強いのですが、なんと痒くない症例もあり痒みで判断するよりも肌の見た目で判断するようです。

 

皮脂欠乏性湿疹、アトピー性皮膚炎、皮膚そう痒症(ひふそうようしょう)、虫刺されと似ているのでその診察は、専門医でも難しいと言われ、素人ではほぼ無理です。

 

予防・対策のためにまず疑うことから始めるのが賢明です。

 

 

 

 

 

フケは、肌再生が正常に行われていないことが原因と考えられます。

 

ターンオーバーとは皮膚が生まれ変わる循環のことです。

 

表皮、真皮、皮下組織で皮膚といい、基底膜という内側の組織から新しい皮膚が生まれ、それが28日間で表皮の最も外側にある角質になります。

 

この肌の循環の周期が短くなると新しい皮膚が未熟な状態で肌表面の角質になってしまいます。

 

未熟のため外部の刺激に耐える力が小さくなり乾燥に弱い刺激に弱い肌に変わってしまうのです。

 

逆に循環の周期が長くなってしまうと古い角質が肌の表面に残るので、肌がくすんで見えたり、ごわつく原因となります。

 

アトピー性皮膚炎は、この循環の周期が短すぎて、新しい皮膚が未熟となり、かゆみなどの肌トラブルを起こします。

 

 

 

 

 

頭皮に脂漏性皮膚炎がかさぶたができた際、ケアの注意点は頭皮保湿と洗髪です。

 

頭皮湿疹の画像を見ると結構ひどい見た目でかゆみなしとは思えないですが、治し方の1つとして皮膚科に入ったのでしょうか?

 

治らないときには、ストレスをなくすことや薬も必要です。

 

キチンとしているつもりでも頭皮に必要な皮脂を必要以上の取り過ぎが原因になっているよう見受けられます。

 

頭皮には、皮脂腺や汗腺がとても多く分泌も活発です。

 

特に皮脂腺は、最も多いです。

 

その数は、Tゾーンの2倍以上あります。

 

頭皮も顔のお肌も皮膚としての構造は同じなので、頭皮に発症したトラブルは、それ以外の肌のトラブルも同じだと認識しましょう。

 

つまり、シャンプー剤は顔にも使えること、頭皮の皮脂に優しくすることに注意しましょう。

 

子供でさえかゆいや痛いと感じたら抜け毛の心配が必要です。

 

 

 

 

 

page top