過剰な皮脂になってしまう理由として、洗髪、ヘアドライ、ストレス、

過剰な皮脂になってしまう理由として、洗髪、ヘアドライ、ストレス、

加齢、食事が考えられます。

 

 

洗髪で必要以上に皮脂を取り除いてしまっては、逆に乾燥から頭皮を守るためいつもよりたくさんの皮脂を分泌しようとする作用が働きます。

 

それとシャンプーをしっかり流しきらないとそれは頭皮を刺激する原因になり、皮脂の分泌を増加させてしまいます。

 

ヘアドライは、タオルだけでは頭皮も髪も水分を完全に乾かすことはできないので、体温によって残った水分が蒸れてしまい、それが皮脂の過剰分泌につながります。

 

もっともドライヤーによる熱風は、頭皮を乾かしすぎるとやり過ぎの乾燥は皮脂を分泌させてしまいます。

 

精神的なストレスは、体内のホルモンバランスを狂わせます。

 

そのことで、皮脂分を促す男性ホルモンが過剰に分泌されると皮脂も多く分泌されることとなります。

 

加齢によって皮脂の分泌量と肌の水分量のつり合いが乱れ、結果的には皮脂過剰な状態になってしまいます。

 

食事については、栄養バランスの不均衡、特に油を使った料理や糖分が多いものをたくさん食べると皮脂の分泌が活発になります。

 

乳製品、果物、お菓子に含まれる糖分は、余分に皮脂を分泌することとなりますので、それらの食べ過ぎは皮脂の過剰な分泌に直結します。

 

 

 

 

 

頭皮の匂いに気づいたとき、消臭スプレーでごまかしたが、長くはもたなかった。

 

頭皮の匂いは病気なのか?

 

頭皮の匂いに効くシャンプーをいくつか使ったが、丁寧に使っても治ったとは思えない。

 

臭う時の対処法として、人気ランキング上位のシャンプーを使ったが、変わったような気がしなかった。

 

人に効いても自分には効かないということもあるのだろうか。

 

 

 

 

 

汗はニオイの原因になります。

 

汗のコントロールは、頭皮に湿疹ができてしまうことも防ぐことができます。

 

ネットでの口コミによれば、市販の重曹とハッカ油で消臭剤や制汗剤を手軽に作れるようなので、デオドラントにはおすすめですが、汗拭きや制汗などコンビニでも買える汗ケア商品でもまめに汗対策することが大切です。

 

どんな商品を使えばいいか、よくわからなければ、売れ筋の商品から選んでも良いと思います。

 

美容院やメンズサロンで聞いた話では、ヘッドスパや頭皮のクレンジングは気持ちも頭皮もさっぱりしてお薦めです。

 

ただし、毎日のシャンプーはもちろんシャンプー後のケアが重要とのことです。

 

毎日のシャンプーに注意しても乾燥が激しい場合は、オイルシャンプーまたはオイルクレンジング、それとオイルマッサージを試してみるといいでしょう。

 

それと最近の流行では、塩浴です。

 

シャンプー剤や石鹸・ボディソープなどを使わずに塩で洗うというやりかです。

 

海水浴から帰ってきた後に髪がべたつくのと原理は同じで、余分な皮脂が塩分によって頭皮の外に出した状態です。

 

 

 

 

 

page top