頭皮のかさぶたについて、防止することや緩和するための心構えです。

頭皮のかさぶたについて、防止することや緩和するための心構えです。

皮脂分泌の抑制:ビタミンB群を意識して脂物や甘いものを極端に多くせず、栄養バランスの整った食事にしましょう。

 

 

新陳代謝やホルモンバランスの安定:ホルモンバランスを乱さないためには、良質な睡眠やノンストレスが大切です。

 

特に就寝直後の90分間は、睡眠の質を決める時間帯と言っても過言ではないので、寝る前は物を食べない、ブルーライトは避けるなどの注意しましょう。

 

また、夕方までに適度に運動することで血流が良くなり代謝にいい影響がありますし、夜は寝やすくなります。

 

シャンプーとシャンプー後:頭皮への過剰な刺激を避けるため頭皮に優しいシャンプーを利用します。

 

洗髪後、濡れたままの状態ではマラセチア菌が増えてしまうこともありますので、しっかり乾かしましょう。

 

皮膚炎を治し痒みをなくす:痒みがなくなれば掻かずに済むので、頭皮に傷を作ることはないでしょう。

 

そのためには、強い痒み、白以外のかさぶたであれば、皮膚炎の疑いがあるので、皮膚科で最適な治療を受けましょう。

 

 

 

 

 

フケが取れないからと1日に2回以上シャンプーしているなら、それは止めましょう。

 

洗髪のやり過ぎは、最低限なくてはならない頭皮の油分や水分を過剰に洗い流してしまいます。

 

そのことが皮脂の過剰分泌、臭いの原因になったりするので、シャンプーの基本は、1日1回です。

 

そしてシャンプーは、濡らす前に髪のもつれをほぐすこと、十分に濡らして泡をたて、爪を立てないで揉むように洗います。

 

また、最初に後頭部や耳の後ろ、次に頭頂部へと洗う順番を気にすることも大切です。

 

最後は、十分かつ丁寧にすすぎ頭皮のシャンプー剤をきちんと洗い流します。

 

ときどき頭皮乾燥オイルでオイルマッサージなどのケア方法をおすすめしますが、あくまでも頭皮と相談しながら行ってください。

 

もし、皮膚科などから処方された薬があるなら人気ランキングの上位にある商品であっても頭皮のオイル(ワセリン等)やローションは控えた方が良いでしょう。

 

 

 

 

 

頭皮の一部分に白いかさぶたができてかゆい。

 

気が付くとフケも目立つようになった。

 

病気だろうか?

 

何か治療をした方がいいのだろうと思うが、その前にメンズシャンプーなどを変えてみよう。

 

保湿のためにできることも必要なので、保湿剤も塗り方を気にしながら試してみようか。

 

 

 

 

 

page top