頭皮が乾燥している、あるいはは乾燥しがちで敏感という人は、シャンプーを再チェックしましょう。

頭皮が乾燥している、あるいはは乾燥しがちで敏感という人は、シャンプーを再チェックしましょう。

絶対に避けたいのは、頭皮の皮脂をほとんど取り除いてしまう石油系界面活性剤入りのシャンプーです。

 

 

具体的にその成分は、ラウリル硫酸(ナトリウム)ですので、成分表に合ったら、そのシャンプーを使ってはいけません。

 

洗浄力がマイルドなアミノ酸系シャンプーがお勧めです。

 

花王のキュレル、第一三共ヘルスケアのミノン、大島椿の椿油シャンプーなどは、市販シャンプーで選ぶとしたらお薦めできます。

 

地道に続けて頭皮から赤みやかゆみなどの不愉快さがなくなって乾燥が改善できれば、気になっていたフケも収まってくることでしょう。

 

その他、シャンプー選びのポイントをご紹介します。

 

オイル系シャンプーなら植物オイルや馬油など主成分には自然由来の原料が使われているものが良いです。

 

石鹸系は、弱アルカリ性では洗浄力が強すぎるので、弱酸性のものを選びます。

 

薬用系は、乾性フケ対策になるアラントインが含まれるものをがいいでしょう。

 

 

 

 

 

精神的な圧迫感、不愉快な気持ち、寝不足、栄養不足もカサカサで痒みのある頭皮の乾燥を発症させる原因です。

 

精神的な圧迫感、不愉快な気持ちが増大したり寝不足は、全体的に血行が悪くなります。

 

すると体の代謝力が低くなって、角質の入れ替わりの肌の循環過程(ターンオーバー)が、正常に行われない場合があります。

 

それは肌が外側の刺激に耐える力や水分を保つ機能が弱くなり、乾燥につながります。

 

この乾燥メカニズムは、頭皮でも同様です。

 

ちなみにアトピー性皮膚炎は、肌の循環過程が短い状態です。

 

肌再生のサイクルを正常化させるには、まず質の高い睡眠が大切です。

 

睡眠は、最初の90分間で深い眠りになるので、この最初の深い眠りをキチンと深い眠りにできるかが大切です。

 

次に食生活です。

 

ビタミンの不足や偏りが問題ですが、中でもビタミンAとビタミンB6は新陳代謝を促すことに寄与するので、適度に摂れるように心がけましょう。

 

ビタミンAはニンジン、ホウレンソウ、シソなどに多く含まれます。

 

ビタミンB6はレバーやマグロで十分に摂れますが、手軽さでいえばバナナです。

 

 

 

 

 

フケが取れないからと1日に2回以上シャンプーしているなら、それは止めましょう。

 

洗髪のやり過ぎは、頭皮に必要な水分や油分を過剰に洗い流してしまいます。

 

そのことが皮脂を過剰に分泌したり、臭いの原因になったりするので、シャンプーの基本は、1日1回です。

 

そしてシャンプーは、濡らす前に髪のもつれをほぐすこと、原液が付かないよう泡にして、指の腹でマッサージするように洗います。

 

また、後頭部から耳の後ろ、そして頭頂部と洗う順番を気にすることも大切です。

 

最後は、十分かつ丁寧にすすぎ頭皮のシャンプー剤をきちんと洗い流します。

 

場合によっては、オイルシャンプーやオイルマッサージなどのケア用品をお勧めしたいところですが、あくまでも頭皮と相談しながら行ってください。

 

もし、皮膚科の薬を使用するならどんなに人気ランキングの上位商品でも極潤などの化粧水もオイルも控えた方が良いと思います。

 

 

 

 

 

page top