頭皮かさぶたの防止することや緩和するための心構えです。

頭皮かさぶたの防止することや緩和するための心構えです。

皮脂分泌の抑制:ビタミンB群の摂取を心がけ、脂質や糖質に偏らず、栄養バランスの整った食事にしましょう。

 

 

ホルモンバランス/新陳代謝の改善:ホルモンバランスを乱さないためには、良質な睡眠やストレスを溜めないことが重要です。

 

特に就寝直後の90分間は、睡眠の質を決める時間帯と言っても過言ではないので、そのため寝るときは胃を軽くする、脳への刺激を減らすなど注意しましょう。

 

また、日中の運動は血行も新陳代謝も良くなり、夜は寝やすくなります。

 

シャンプーとシャンプー後:頭皮への過剰な刺激を避けるためアミノ酸系や植物由来のシャンプーを使用しましょう。

 

また、シャンプー後に髪や頭皮が濡れたままだと蒸れてマラセチア菌が増えてしまうこともありますので、しっかり乾かしましょう。

 

痒みを抑える、皮膚炎を治す:痒みを抑えれば掻くことが減り頭皮を傷つけるリスクが下がります。

 

そのためには、強い痒み、白以外のかさぶたであれば、皮膚炎だと思い皮膚科で最適な治療を受けましょう。

 

 

 

 

 

アラントインは、肌トラブル、消炎効果(ニキビの赤みを抑える)アレルギー抑制作用、細胞の若返りなどに高い効果があるとして医薬品に含まれる成分です。

 

化粧品に含まれると医薬部外品の化粧品に昇格します。

 

抗炎症作用とともに抗刺激作用もあるので、化粧品に利用し化粧品に含まれる他の成分による刺激性を緩和することで、製造者が、化粧品内染料の刺激を耐えたい、新たな敏感肌向けの商品を開発する場合に価値のある成分です。

 

また、育毛作用も実証されていたり、アレルギーで患った目の粘膜にも効果的のためほとんどの目薬に配合されています。

 

 

 

 

 

乾燥・敏感な頭皮の人は、シャンプーを再チェックしましょう。

 

絶対に避けたいのは、良くも悪くも地肌の皮脂をガッツリ落としてしまう石油系の界面活性剤が含まれているシャンプー剤です。

 

具体的にその成分は、ラウリル硫酸(ナトリウム)ですので、成分表に合ったら、そのシャンプーを使ってはいけません。

 

洗浄力がマイルドなアミノ酸系シャンプーがお勧めです。

 

花王のキュレル、第一三共ヘルスケアのミノン、大島椿の椿油シャンプーなどは、市販のシャンプーの中で人気が高いですね。

 

地道に続けて頭皮から赤みやかゆみなどの不愉快さがなくなって乾燥が改善できれば、目立つフケはなくなることでしょう。

 

その他のシャンプーを選ぶ時、次の点に着目してください。

 

オイル系シャンプーなら植物オイルや馬油など自然由来の主成分が使われているものを選びます。

 

石鹸系は、弱アルカリ性では洗浄力が強すぎるので、弱酸性のものがイイでしょう。

 

薬用シャンプーなら乾性フケに効果が期待できるアラントイン入りのものを選びます。

 

 

 

 

 

page top