なぜ頭皮が乾燥するのか、その原因は、様々です。

なぜ頭皮が乾燥するのか、その原因は、様々です。

最も大きい理由としては、シャンプーでの過剰な刺激です。

 

 

これは、男性や女性、赤ちゃんから年配者まで春、夏、秋、冬と一年を通して対策すべきなのは同じです。

 

頭皮の最低限の皮脂さえも洗い流してしまうことで、頭皮は乾燥し、それが酷くなるとかさぶたの様になります。

 

また、ドラッグストアで買えるシャンプーやヘアトニックなどを過剰な頻度で使うとか、地肌に爪を立てる・ゴシゴシ洗うなども原因として考えられます。

 

それと洗髪に熱いお湯を使っても頭皮の皮脂が流れ落ちやすくなり、頭皮改善の足かせになります。

 

このように髪や毛穴の清潔さを保つための洗髪が原因となり、頭皮を乾燥させてしまうことが大半です。

 

他に頭皮への悪い刺激といえば、紫外線、空気の乾燥、寒さなどですのでできるだけ避けるようにしましょう。

 

 

 

 

 

頭か痒いなと思ったらかさぶたができていた。

 

気が付くとフケも目立つようになった。

 

病気だろうか?

 

何か治療をした方がいいのだろうと思うが、その前に自分でできそうな対処法をする。

 

たとえば、ベビーオイルやクリームなど塗り方を気にしながらケアしてみよう。

 

 

 

 

 

フケが取れないからと1日に2回以上シャンプーしているなら、それは止めましょう。

 

シャンプーのし過ぎは、最低限なくてはならない頭皮の油分や水分を過剰に洗い流してしまいます。

 

そのことが皮脂の過剰分泌、ひいては臭いの原因になるので、シャンプーの基本は、1日1回です。

 

そしてシャンプーは、濡らす前に髪のもつれをほぐすこと、十分に濡らして泡をたて、爪を立てないで揉むようにシャンプーします。

 

また、後頭部から耳の後ろ、次に頭頂部へと洗う順番を気にすることも大切です。

 

最後はしっかりとすすいで、シャンプーが残らないように注意してください。

 

場合によっては、オイルシャンプーやオイルマッサージなどのケア用品をおすすめしますが、頭皮の状態に合わせて検討してください。

 

もし、皮膚科などから処方された薬があるならどんなに人気ランキングの上位商品でも極潤などの化粧水もオイルも控えた方が良いでしょう。

 

 

 

 

 

page top