かさぶたになる理由は4つあり、頭部白癬(とうぶはくせん)、脂漏性皮膚炎、

かさぶたになる理由は4つあり、頭部白癬(とうぶはくせん)、脂漏性皮膚炎、

接触性皮膚炎、皮脂欠乏性湿疹という皮膚炎によるものです。

 

 

皮脂欠乏性湿疹によるかさぶたは、白くカサついています。

 

しかし悪化すると出血し、赤黒いかさぶたになることもあります。

 

痒みはできるだけ我慢して掻かないことが大切です。

 

肌に優しいシャンプーを継続することで、自力で治せる可能性もあります。

 

接触性皮膚炎によるかさぶたは、傷やアレルギーによる皮膚炎のため強い痒みがあるので、掻きすぎて出血し、それで赤黒くなります。

 

湿疹や水膨れの症状を出ることがあります。

 

シャンプーは低刺激の商品を選ぶべきです。

 

脂漏性皮膚炎でのかさぶたは、白くなることが多いです。

 

肌の常在菌であるマラセチア菌の餌になる皮脂が過剰で、菌の活性化によって炎症を引き起こし、ターンオーバーが正しく行われなくなるからです。

 

頭部白癬でのかさぶたは、膿によるもの、血が固まったものがあります。

 

原因は白癬菌で、頭に水虫ができたようなもの、かゆいです。

 

よほど丁寧に地肌ケアしないと完治まで最も時間がかかるかもしれません。

 

 

 

 

 

なぜ頭皮が乾燥するのか、その原因は、いくつかあります。

 

代表的な原因は、シャンプー剤の成分です。

 

これは、男性や女性、赤ちゃんから年配者まで夏でも冬でも季節に関係なく、対策用の工夫は必要です。

 

頭皮になくてはならいない分の皮脂を洗い流してしまうことで、頭皮は乾燥し、それが酷くなると痛いこともやかゆみを発症します。

 

また、ドラッグストアで買えるシャンプーやヘアトニックなどを過剰な頻度で使うとか、地肌に爪を立てる・乱暴に洗う等も原因として考えられます。

 

それと洗髪に熱いお湯を使っても必要以上に皮脂が取れてしまい、乾燥の改善を阻みます。

 

このように頭皮と髪を清潔にするはずの洗髪が原因となり、頭皮の乾燥を引き起こしてしまいます。

 

他、頭皮には避けたい刺激といえば、UVや空気の乾燥、寒さ等がありますので、積極的な保湿を意識しましょう。

 

 

 

 

 

アラントインとは、肌荒れ、消炎効果(ニキビの赤みを抑える)アレルギー緩和効果、細胞レベルの活性などに高い効果があるとして医薬品に利用される成分です。

 

それが配合された化粧品は、医薬部外品の化粧品に昇格します。

 

抗炎症作用や抗刺激作用により化粧品に利用し化粧品に含まれる他の成分による刺激性を緩和することで、メーカーが、化粧品の染料による刺激を何とかしたい、敏感肌向けの商品に新たな成分を試したいときに価値のある成分です。

 

また、育毛作用も実証されていたり、アレルギーで患った目の粘膜にも効果的のため目薬に利用される成分です。

 

 

 

 

 

page top