頭皮が健康であれば、丈夫な髪が生まれます。

頭皮が健康であれば、丈夫な髪が生まれます。

しかし、乾燥、痒み、毛穴詰まり、かさぶた、匂い等であると、正常な髪が育つのが阻まれることもあります。

 

 

つまり、頭皮ケアは正常な発毛などにするため必要なことです。

 

頭皮の乾燥は皮脂の必要分が不足し、頭皮のバリア機能の性能が落ちます。

 

守る力が落ちると髪を守る力さえも落ちて、空気の乾燥や紫外線で損傷を受けやすくなりパサついた髪になりがちです。

 

一方、髪はべたつくこともあります。

 

それは頭皮皮脂の適正量を超えると余分な皮脂が髪につき、埃や汗が相まって髪のべたつきにつながってしまうのです。

 

 

 

 

 

頭皮や髪にはシリコンは良くない聞いたことがあると、頭皮や髪をいたわるため絶対にノンシリコンにすべきと考えがちですが、実はそんなことはありません。

 

まずシリコンとは、天然に存在するケイ素系の有機化合物です。

 

ヘアケア製品、基礎化粧品(保湿剤など)、コスメ製品などスプレーかどうか形状に関係なく、口コミされてもされなくても肌に直接使われる製品、医療関係にも広く使われる原料です。

 

ヘアケア製品でいうとシリコンは、髪につやを出したり、滑らかにしたりするといった役目があります。

 

シャンプーだけでなく、ドライヤーの使うときや普段の生活でも髪へのダメージなどから傷むのを防ぐ効果もあります。

 

 

 

 

 

痒み、乾燥、フケ、べたつき、ニオイなどの頭皮トラブルを予防するためには、原因と考えられる常在菌のマラセチア菌に注意を向ける必要があります。

 

それらを完全排除する必要はありませんが、弱めればトラブル発症度合いを小さくすることはできます。

 

どうするかというとマラセチア菌の餌の過剰な皮脂量にならないようにします。

 

エネルギー源が少なければ、活動が弱まって増えることもないからです。

 

それとマラセチア菌は、頭皮のほか、厄介なことに毛穴にも常在します。

 

つまり、毛穴までケアしないといけないということです。

 

頭皮は毛穴と一緒にケアすべきということになります。

 

頭皮毛穴洗浄シャンプーでも頭皮毛穴クレンジングでも薬局で買える市販のアイテムにしても、方法ありきではなく頭皮毛穴ケアをきちんとできないと本当のケアにならないということです。

 

 

 

 

 

page top