シリコンは、髪や頭皮のケアを妨げると耳にしたことがあると頭皮や髪をいたわるため絶対にノンシリコンにすべきと思われる方がいますが、

シリコンは、髪や頭皮のケアを妨げると耳にしたことがあると頭皮や髪をいたわるため絶対にノンシリコンにすべきと思われる方がいますが、

必ずしもそうではありません。

 

 

一般に使われるシリコンは、自然界にあるケイ素系の有機化合物です。

 

メイクアップ製品、基礎化粧品(化粧水など)、ヘアケア製品などスプレーかどうか形状に関係なく、コスパの良し悪しはあっても肌に直接使われる製品、医療関係にも広く使われる原料です。

 

ヘアケア製品でいうとシリコンは、髪につやを出したり、滑らかにしたりするといった役目があります。

 

洗髪の時だけでなく、ドライヤーの使うときや普段の生活でも髪へのダメージなどから傷むのを防ぐ効果もあります。

 

 

 

 

 

頭皮の問題(乾燥、べたつき、フケ、ニオイ、痒み)をなくすためには、原因と考えられる常在菌のマラセチア菌に注目しましょう。

 

残念ながらそれらを無くすことはできませんが、少なくすれば問題となる症状を引き起こすのリスクを軽減することが可能です。

 

どうするかというとマラセチア菌の餌の皮脂を適正量にします。

 

エネルギー源が少なければ、活動が弱まって増えることもないからです。

 

それとマラセチア菌は、頭皮だけでなく毛穴の中にもいます。

 

つまり、毛穴までケアしないといけないということです。

 

頭皮のケアは毛穴のケアでもあるということになります。

 

頭皮毛穴洗浄シャンプーでも頭皮毛穴クレンジングでもオーガニック製品にしても、グッズの良し悪しではなく頭皮毛穴ケアをきちんとできないと健康な髪にするのは難しいということです。

 

 

 

 

 

地肌ケア用としているシャンプーは、髪自体のケアができないというのは大きな勘違いです。

 

頭皮ケア用シャンプーやコンディショナーは、頭皮のトラブルを修復させながら髪のダメージに効くなど髪のために働く機能がある製品もあります。

 

自分の頭皮や髪の状態に合わせて製品選びすることをおすすめします。

 

人気ランキングの上位になっている製品であれば、容易に選べると思います。

 

もっとも頭皮ケアに限れば、年齢に関係なく評判のマッサージャーを利用したり、たるみを気にすることで、顔のたるみ改善にもなります。

 

 

 

 

 

page top